2012年01月16日

NHK 紅白歌合戦 2011

週刊文春』は、毎週購読している雑誌なのですが、
1月19日号の『週刊文春』に今井舞さんの『紅白歌合戦』ネタの特集があり、
共感できる部分があったので時期ハズレではありますが・・・

週刊文春』はダンナがずっと前から購読してましたが、3年程前に『内耳性めまい』とゆーものを患い、PCやTVを見れない時期がありました。『読書』もダメだと言われたのですが、さずがにそれは・・・
で、たまたまあった『週刊文春』を手にしたわけです。
これまでいろんな週刊誌を読んでいましたが、こんなに読むページがある雑誌は他にないです。
大阪市長は『バカ文春、バカ新潮』とおっしゃっていましたが・・・週刊文春  定期購読 6ケ月 25冊

今井舞さんをはじめ、林 真理子さん『夜ふけのなわとび』伊集院 静さん『悩むが花』中村うさぎさん『さすらいの女王』土屋賢二さん『ツチヤの口車』そして一番の楽しみは『伊藤理佐のおんなの窓』!

伊藤理佐さんは漫画家です。
『おるちゅばん えびちゅ』などが有名。

おるちゅばんエビちゅ (1) (双葉文庫―名作シリーズ)



ダンナ様も漫画家で吉田戦車さんです。

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)



さて、紅白ですが、
もともと、その年活躍したアーチストと人気のある歌手が男女に分かれて、対抗戦をするそんな大晦日恒例の行事も視聴率が取りざたされてからは、マスコミや世間の顔色をうかがい、どんどんつまらなくなっている気がします。ちょっと、不始末があると、御祓(みそぎ)がつくまで出場させなかったり(ノリピーは復帰するのか? ない、ない)
暴対関連で選出からミソ付けたのも、かなり イタイ >_< です

逆に、視聴率を獲るためには、子供でも、外国のアーチストでもなんでもOKとなる感じです(^_^;
多分、ほとんどの視聴者は年に一度、もっともにぎやかな音楽番組を期待しているのではないでしょうか?

聴いたことは無くないですが、いまさらの韓流アーチストを何組も出したり、
どうして、ライブ会場からの中継が増えたのでしょうか? いいよ、来たくない人は!!!
でも、ユーミンはきちんと来てくれました。(めっちゃ、緊張してたけど)

聖子ちゃんの唄は親子のお遊技ではなく、きちんと彼女の楽曲が聴きたかったなぁ〜(#^.^#)
聖子ちゃんなら『瑠璃色の地球』とか、『絆』をテーマにした歌があると思うんだけど・・・
瑠璃色の地球』はこちらのアルバムに入ってます!
  ▼ ▼ ▼ ▼

SUPREME




時節柄、東日本震災復興「」をテーマにしたものが多いのは判りますが、少し偏りすぎな感じがします。
猪苗代湖ズ」が、どうして紅白に出場する歌手としてカテゴライズされるのか?
たぶん、ゲストとかであれば意味が、だいぶん違ってくるハズなんですが?

ところで長渕剛はなぜ、自衛隊から「自衛隊の支援活動を激励した」というなぞの表彰を受けるのか?
やはり、とりとめのない演出ではなく、きちんとコーナーを設け、明確なメッセージを出すべきではないでしょうか?

あと、団体戦もやたら増えて、人数多ければそれで良いのかなと思いますね。それは、それでにぎやかで楽しい気もしますが...
人文字やダンスもカメラアングルが台無しだと、なんだか判らなくなります。
(去年、一昨年辺りのAKBやら、モー娘。はかなりばたばたしていましたね)
どうでも良いけど、楽屋はてんやわんやでしょうね(笑)

もう、純粋に「紅組」「白組」とかで、唄のイベントするのは無理なんですかね。
演歌とか、歌謡曲とかの歌手は、ますます隅に追いやられているようで、淋しい感じがします。
なにより、一年も締めくくりの歌手が「SM○P」のあの歌では・・・

王道ですが、やっぱり紅白のトリは『さぶちゃん』で。
んで『まつり』で締め! ですね。

今時のアーチストの方たちにもお願いしたいですね、
プレミアなイベントって自分たちのためだけじゃなく
観ているファンのためでもあるのですから、少し、紅白とか、レコ大とか見直して、
気持ちよく盛り上げて欲しいです、ほんとに!!

とかいっても、来年も観るんですから、そこんとこよろしくお願いしますね。
毎年、愉しみにしている紅白ファンのひとりとして(#^.^#)



posted by zarico at 20:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。